新発田良寛会で講話をして参りました。 – 日日是好日 – 宝光寺

新発田良寛会の総会に伴う講演会で、「良寛にとっての『ことば』」と題して話して参りました。

釈尊、部派仏教、般若心経、龍樹、道元と仏教において「ことば」がどのように扱われ、どのような価値を有してきたかということを概説し、良寛にとっての「ことば」の意味、価値について話しました。

たっぷり1時間半、良寛会で曲がりなりにも良寛について話す機会を得られたことは、光栄のいたりでありましたし、私を講師としてご推薦くださった宝光寺檀徒の会員の方に深く感謝しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です